WordPress .htaccessでCache-Controlヘッダーによるブラウザキャッシュの設定方法

概要説明

.htaccessを使ったブラウザキャッシュ設定。拡張子ごとに有効期限の設定が行えます。キャッシュ対象ファイルのリクエストパラメーターを変更することでキャッシュクリアが行えるのでパラメーターを管理画面から変更できるようにするカスタマイズもおすすめです。

有効期限の時間指定の例

1日

86400秒

1週間

604800秒

1ヶ月(30日)

2592000秒

1年(365日)

31536000秒

画像は同一ファイル名で更新しない場合(差し替え時はファイル名を変更)

.htaccess
# 画像ファイルを1年間ブラウザにキャッシュさせる
<FilesMatch "\.(jpg|jpeg|gif|png|svg|svgz|webp|ico|bmp|woff|woff2|ttf|otf)$">
Header set Cache-Control "max-age=31536000"
</FilesMatch>

 

キャッシュさせたくない場合

.htaccess
<FilesMatch "\.(css|js)$">
Header set Cache-Control no-cache
Header set Pragma no-cache
</FilesMatch>

任意のタイミングでキャッシュを削除できるようにしておく

上記ページ内の修正でcss,javascriptファイルのパラメーターに日付を付けてキャッシュを簡単に更新できるようにしておくと便利です。

キャッシュクリアをパラメーターで設定できる環境の場合

.htaccess
# 画像ファイルを1年間ブラウザにキャッシュさせる
<FilesMatch "\.(jpg|jpeg|gif|png|svg|svgz|webp|ico|bmp|woff|woff2|ttf|otf)$">
Header set Cache-Control "max-age=31536000"
</FilesMatch>
# css,javascriptファイルはを1週間ブラウザにキャッシュさせる
<FilesMatch "\.(css|js)$">
Header set Cache-Control "max-age=604800"
</FilesMatch>

関連機能

  1. WordPressの絵文字機能を無効にしてページ表示を高速化

  2. コメント機能を無効にする

  3. WordPress 特定の固定ページだけreCAPTCHAを有効にする ( Contact Form 7使用 )

サイドバー

よく使うカスタマイズ

最近の記事

アニメの名言集

あまり強い言葉を使うなよ
弱く見えるぞ

BLEACH
by 藍染惣右介

Profile

PAGE TOP
Amazon プライム対象