functions.php処理内のデータをdebug.logに出力する

概要説明

開発環境であれば画面上にデバッグ情報を表示させても問題ないのですが本番環境しかない環境でデバッグ情報を確認したい時に便利なテクニックです。functions.phpに限らずerror_log()が実行可能な場所であればどこでも使用できます。

debug.log に任意のエラーログを保存させる ( 変数 )

functions.php
// データを確認したい場所に下記処理を追加
error_log( 'Chceck Log:  ' . $log_data );

debug.log に任意のエラーログを保存させる ( var_dump )

functions.php
// 配列やオブジェクトを確認したい場合
$log_data = 'not defined';
if ( isset($check_data) ) {
    if ( !empty($check_data) ) {
        ob_start();
        var_dump( $check_data );
        $log_data = ob_get_contents();
        ob_end_clean();
    }
}
error_log( 'Chceck Log:  ' . $log_data );

動作確認用コードサンプル

functions.php
// 配列データの出力確認用サンプル
$check_data = array('1' => 'メリオダス', '2' => 'ディアンヌ');

// オブジェクトデータの出力確認用サンプル
$check_data = new stdClass();
$check_data->property = 'ハーレクイン';

出力されるログ

[23-Feb-2024 08:21:32 UTC] Chceck Log: not defined

[23-Feb-2024 08:21:32 UTC] Chceck Log: array(2) {
[1]=>
string(15) “メリオダス”
[2]=>
string(15) “ディアンヌ”
}

[23-Feb-2024 08:36:51 UTC] Chceck Log: object(stdClass)#397 (1) {
[“property”]=>
string(4) “ハーレクイン”
}

関連機能

  1. 管理画面ヘッダーの不要なメニューを非表示にする

  2. WordPress カテゴリーの並び順を変更できるプラグイン Custom Taxonomy Order

  3. 日本語を含むファイル名のファイルをアップロードした時に自動的にリネームさせる

サイドバー

よく使うカスタマイズ

最近の記事

アニメの名言集

『優しい。』なんて
他に褒める所が無い人に
言う台詞でしょう!?

響け!ユーフォニアム
by 小笠原晴香

Profile

PAGE TOP
Amazon プライム対象