DBキャッシュ機能を実装 外部データなど任意の情報を一定期間キャッシュさせる

概要説明

アクセス毎にデータを取得、プログラムの実行を行わなくてよい場合はDBにキャッシュさせるカスタマイズ。キー、インターバールを各種設定ができるようにしているのでfunctions.phpに定義を追加しておくことで高速化に使用できます。プラグインを使わずに任意のタイミングでキャッシュをさせたいといった場合に活用できます。

functions.php
/*----------------------------------------------------
 DBキャッシュ キャッシュ保存・キャッシュ取得
----------------------------------------------------*/
if ( !function_exists( 'get_db_cache' ) ){
    // キャッシュ取得処理
    function get_db_cache( $cache_key, $interval ) {

        $cache_key = md5($cache_key);

         // キャッシュ 保存時間を取得
        $save_time = get_option( $cache_key.'-save-time' );

        if (empty($save_time)) return false;

        if ( ( time() - $save_time ) < $interval ) {
            $cache = get_option( $cache_key.'-cache' );

            if ( $cache == '' ) {
                return false;
            } else {
                return $cache;
            }
        } else {
            return false;
        }
    }

    // キャッシュ保存
    function set_db_cache( $cache_key, $data ) {
        $cache_key = md5($cache_key);

        update_option( $cache_key.'-cache',      $data );  // データを登録
        update_option( $cache_key.'-save-time',  time() ); // 保存時間を登録
    }
}

使用方法 – 動作確認コード

// キャッシュ取得 ( キー, キャッシュ有効秒数 )
$cache = get_db_cache('cache_test', '86400');
if ( $cache === false ) {
    $data = 'test';

    // キャッシュ保存
    set_db_cache('cache_test', $data);

    // 動作検証用ログ debug.logに出力
    error_log( 'Chceck Log: set_db_cache ' . $data );

} else {
    $data = $cache;

    // 動作検証用ログ debug.logに出力
    error_log( 'Chceck Log: get_db_cache' . $cache );
}
  • APIからの別サイトからのデータ取得を毎回行う必要がない場合はキャッシュさせる
  • 人気ランキングなど重い処理の表示データをキャッシュさせる

関連機能

  1. ファイル名表示機能風エリアを追加「Enlighter – Customizable Syntax Highlighter」プラグイン

  2. WordPressで画像がsrcset表記になる場合にsrcsetを無効にする

  3. ブロックエディタを使用しない場合はブロックエディタ用のCSSを無効化

サイドバー

よく使うカスタマイズ

最近の記事

アニメの名言集

勝ったにせよ負けたにせよ
振り返ってこそ経験ってのは活きるんだ

僕のヒーローアカデミア
by オールマイト

Profile

PAGE TOP
Amazon プライム対象