WordPressのバージョン情報を非表示にする

概要説明

自動更新を止めていたり、独自のカスタマイズなどWordPressの更新ができない場合にソース内のWordPressバージョン情報を非表示にするカスタマイズ。脆弱性のあるバージョンなど攻撃の対象となってしまうリスクを抑えます。

functions.php
/*----------------------------------------------------
 ヘッダーのWordPressのバージョン情報を非表示に変更
----------------------------------------------------*/
remove_action( 'wp_head', 'wp_generator');

scriptとcssのURLからバージョンパラメータを削除

functions.php
/*----------------------------------------------------
 scriptとcssのURLからバージョンパラメータを削除
----------------------------------------------------*/
if ( !function_exists( 'remove_version_script_css' ) ){
    function remove_version_script_css($src) {
        if (strpos($src, 'ver=')) {
            $src = remove_query_arg('ver', $src);
        }
        return $src;
    }
    add_filter('style_loader_src', 'remove_version_script_css');
    add_filter('script_loader_src', 'remove_version_script_css');
}

 

wp-links-opml.php の出力にバージョン情報が含まれるためアクセス禁止にする

.htaccess
<Files wp-links-opml.php>
    Require all denied
</Files>

どうしても消えないバージョン情報がある場合

functions.php
/*----------------------------------------------------
 表示前にフックして出力テキストを置換する
----------------------------------------------------*/
if ( !function_exists( 'final_processing_replace' ) ){
    if ( !is_admin() ) {
        function final_processing_replace($buffer) {
            $buffer = str_replace('6.4.3', '', $buffer);
            return $buffer;
        }

        function buf_start() { ob_start('final_processing_replace'); }
        function buf_end() { ob_end_flush(); }

        add_action('after_setup_theme', 'buf_start');
        add_action('shutdown', 'buf_end');
    }
}

この方法はバージョンテキストを指定して置換しているためバージョンアップした時に変更が必要です

WordPressのバージョンは可能な限り最新にする事をおすすめ致します

お困りの際にはご連絡下さい。

WordPress Developer Resources

関連機能

  1. 出力ソースの絶対パスを相対パスに一括で書き換える

  2. WordPressでヘッダーからフッターにCSS、javascriptの読み込みタグを移動させる

  3. WordPressでURLの埋め込み ( Embed機能 ) を無効化

サイドバー

よく使うカスタマイズ

最近の記事

アニメの名言集

ぶつからなきゃ
伝わらないことだってあるよ
例えば、自分がどれくらい
真剣なのか
とかね

ソードアート・オンライン
by ユウキ

Profile

PAGE TOP
Amazon プライム対象