WordPress Amazonアソシエイトの広告表示が簡単に行えるプラグイン Auto Amazon Links

概要説明

PA-APIを使用してカテゴリーの指定、種別を指定して動的にアフィリエイトリンクを表示させることができるプラグイン Auto Amazon Links。ユニット作成時にランダム表示設定にしておくことでGoogle AdSenseと同じような広告表示設定を行うことが出来ます。ご利用の場合はAmazonアソシエイトアカウントが必要になります。

アカウント作成には審査が必要です

アカウントを持っていないという方はまずはサイトを充実させアカウント登録の審査を受けて下さい

Amazon Product Advertising API(商品情報API)で使用する情報の確認

上記の3つの情報をAmazonアソシエイト・プログラム管理画面にログインして確認しておきます。

Amazonアソシエイト・プログラムへ申し込み審査を通過した後に、一定以上の売上実績を重ねることでご利用が可能になります。(アソシエイト・プログラムへの申し込みだけでは利用は可能とはなりません)

Amazon アソシエイト 広告表示用のプラグインを導入

設定画面から連携情報の登録と接続テストを行う

WordPress Amazonアソシエイトの広告表示が簡単に行えるプラグイン Auto Amazon Links

ユニット管理ページから設定

  • 表示対象商品のカテゴリー
  • 表示レイアウト
  • 表示数
  • サムネイル画像のサイズ指定

など表示に関連する設定をユニットページで行います。ユニット用のページについては広告の確認用として利用できますが広告だけのページが表示されてしまうため、設定が終わったら「非公開」にしておいたほうが良いです。

WordPress Amazonアソシエイトの広告表示が簡単に行えるプラグイン Auto Amazon Links

出力時のレイアウト HTMLも管理画面から設定

WordPress Amazonアソシエイトの広告表示が簡単に行えるプラグイン Auto Amazon Links

ユニット一覧からショートコードを確認

WordPress Amazonアソシエイトの広告表示が簡単に行えるプラグイン Auto Amazon Links

任意の位置に掲載を行い表示が確認できたら設定完了となります。

プラグイン無しでPA-APIを使用する場合はプログラミングを行い、広告用の情報を取得させる必要があります。PA-APIなしでも商品用のリンクを作成することは出来ますが1商品ごとにリンクを作成する必要があるため広告コードの取得に時間がかかります

ページ下部に表示させているAmazon広告はAuto Amazon Linksにて作成しています。

関連機能

  1. WordPress Contact Form 7 禁止ワードと日本語判定によるスパム判定処理

  2. WordPress Instagram埋め込みをSnapWidgetを使用してタイムライン表示させる ( プラグインなし )

  3. WordPress Google My Businessの最新情報を簡単に連携させるプラグイン Auto Publish for Google My Business

サイドバー

よく使うカスタマイズ

最近の記事

アニメの名言集

ぶつからなきゃ
伝わらないことだってあるよ
例えば、自分がどれくらい
真剣なのか
とかね

ソードアート・オンライン
by ユウキ

Profile

PAGE TOP
Amazon プライム対象