新規記事作成時の初期値設定

概要説明

WordPress記事を新規作成時に表示させるデフォルト設定(初期値)についてのカスタマイズ。フォーマットが決まっていたりする場合にご活用いただけます。ブロックエディター:「Gutenberg(グーテンベルク)」/テキストエディター:「Classic Editor(クラシックエディター)」の2パターンを掲載。

functions.php
/*----------------------------------------------------
 新規記事作成時の初期値設定
 ブロックエディター(グーテンベルク)
----------------------------------------------------*/
if ( !function_exists( 'default_content_filter' ) ){
    function default_content_filter(){
        return "<!-- wp:paragraph --><p>任意の初期値を登録</p><!-- /wp:paragraph -->";
    }
    add_filter( 'default_content', 'default_content_filter' );
}

よく使うブロックタイプ

段落<p>~</p>

<!– wp:paragraph –><p>段落</p><!– /wp:paragraph –>

見出し<h1>~<h6>

<!– wp:heading –><h1>見出し</h1><!– /wp:heading –>

スペース<br>

<!– wp:paragraph –><p>&nbsp;</p><!– /wp:paragraph –>

クラシックエディター(旧エディター)の投稿記事初期値設定

functions.php
/*----------------------------------------------------
 新規記事作成時の初期値設定
 クラシックエディター(旧エディター)
----------------------------------------------------*/
if ( !function_exists( 'default_content_filter' ) ){
    function default_content_filter(){
        return "<p>任意の初期値を登録</p>";
    }
    add_filter( 'default_content', 'default_content_filter' );
}

WordPress Developer Resources

関連機能

  1. WordPress アスキーアートや隠しメッセージをhtmlソースに追加する

  2. 別のWordPressの記事を取得し表示させるショートコード ( wpdbでの別データベース接続 )

  3. 指定タグの何回目といった処理を行いたい場合

サイドバー

よく使うカスタマイズ

最近の記事

アニメの名言集

「ありえない」
なんて事はありえない

鋼の錬金術師
by グリード

Profile

PAGE TOP
Amazon プライム対象