WordPress標準のエクスポート・インポートにアイキャッチの画像を含める Export media with selected content プラグイン

概要説明

投稿データを別のWordPressに引っ越したり、投稿データを新しく作成したカスタム投稿に移動したりする時に便利なプラグイン紹介。標準のエクスポート・インポート機能にアイキャッチを含めることができ、xmlファイルの調整を行うことでインポート前に任意の調整が可能になります。

Export media with selected content プラグインを導入することでアイキャッチを含めた記事の引っ越しが行えるようになります

投稿データをアイキャッチを含めた状態でエクスポート

WordPress標準のエクスポート・インポートにアイキャッチの画像を含める Export media with selected content プラグイン

ツール -> エクスポートからエクスポート画面を表示させることができます。

エクスポートする際に「Export media with selected content」というチェックボックスが追加されているのでこちらにチェックを入れてエクスポートをすることでデータ内にアイキャッチ情報を含めることができます。

カスタム投稿を変更したい場合 post_type

// 変更前 post 投稿データ
<wp:post_type><![CDATA[post]]></wp:post_type>

// 変更後 news カスタム投稿に変更
<wp:post_type><![CDATA[news]]></wp:post_type>

postのテキストをカスタム投稿のslugに変更することでインポート時にカスタム投稿データとしてインポートが行えます

カテゴリーもインポート先で反映したい場合

// 変更前 カテゴリータクソノミー:category slug:pickup 名称:ピックアップ
<category domain="category" nicename="pickup"><![CDATA[ピックアップ]]></category>

// 変更後 カテゴリータクソノミー:news_cat slug:new 名称:新着
<category domain="news_cat" nicename="new"><![CDATA[新着]]></category>

該当カテゴリーを上記のようにすべて書き換えていく必要があります

エクスポートしたxmlデータをインポート

WordPress標準のエクスポート・インポートにアイキャッチの画像を含める Export media with selected content プラグイン
WordPress標準のエクスポート・インポートにアイキャッチの画像を含める Export media with selected content プラグイン

ユーザーとインポートデータの紐づけの指定を行い「Download and import file attachments」にチェックを入れてインポートを実行することでアイキャッチ画像を含めたデータのインポートが行えます

xmlファイル内の情報を変更することでカスタム投稿、カテゴリー、記事データの内容を一括で調整したり使い勝手が良いのでこちらの方法で記事の移行を行っております。

関連機能

  1. ACFのバージョンアップ (6.2.7) によりhtmlがエスケープされるように変更。scriptタグなども非表示になってしまったので以前の内容を表示できるように対応

  2. WordPress 記事のpost_typeを簡単に変更できるプラグイン Post Type Switcher ( 投稿 から 固定ページに変更など )

  3. WordPress Contact Form 7 禁止ワードと日本語判定によるスパム判定処理

サイドバー

よく使うカスタマイズ

最近の記事

アニメの名言集

勝ったにせよ負けたにせよ
振り返ってこそ経験ってのは活きるんだ

僕のヒーローアカデミア
by オールマイト

Profile

PAGE TOP
Amazon プライム対象