WordPressページ表示までの処理時間を管理者にだけ表示させる

概要説明

ページ表示速度の改善を行うための高速化対応中にページ処理の実行時間を管理者にだけ表示させるカスタマイズ。

functions.php
/*----------------------------------------------------
 WordPressページのページ表示までの処理時間を表示させる
----------------------------------------------------*/
if ( !function_exists( 'get_page_execution_time' ) ){
    // 管理者のときだけ
    if ( current_user_can( 'manage_options' ) ) {
        // ページ処理時間を取得して表示
        function get_page_execution_time() {
            add_action( 'shutdown', function ( ){
                echo 'page speed ' . timer_stop() . ' s';
            });
        }

        add_action( 'template_redirect', 'get_page_execution_time' );
    }
}

ページの一番下に実行時間が表示されることを確認。管理者ログインしていない場合に表示されないことも確認を行ってください。

プラグインで対応する場合

Query Monitor プラグインを導入することでページの実行時間、SQLの実行回数、重複SQLなどが確認しやすくなります。

関連機能

  1. WordPress 記事タイトルが空の場合にアラートを表示させて保存処理を止める

  2. DBキャッシュ機能を実装 外部データなど任意の情報を一定期間キャッシュさせる

  3. WordPress Contact Form 7 禁止ワードと日本語判定によるスパム判定処理

サイドバー

よく使うカスタマイズ

最近の記事

アニメの名言集

その誇りは
どんな法律や規則よりも大切なものだ

ソードアート・オンライン
by キリト

Profile

PAGE TOP
Amazon プライム対象