RSSフィードにnoindexヘッダーを追加 ( Google Search Console 対策 )

概要説明

Google Search ConsoleにてRSSフィードが「クロール済み -インデックス未登録」に分類される場合はSEO面ではあまり良くはない状態なのでnoindexヘッダーを追加して「noindex タグによって除外されました」に分類させるためのカスタマイズ。

functions.php
/*----------------------------------------------------
 RSS(feed)ページのnoindexヘッダーを追加
----------------------------------------------------*/
if ( !function_exists( 'add_feed_header' ) ){
    function add_feed_header() {
        // RSSコンテンツページの場合
        if ( is_feed() ) {
            // ヘッダがすでに送信されているかを判定
            if ( headers_sent() === false ) {
                header( 'X-Robots-Tag: noindex, follow', true );
            }
        }
    }
    add_action('template_redirect', 'add_feed_header');
}

動作確認 – Chrome デベロッパーツール

RSSフィードにnoindexヘッダーを追加 ( Google Search Console 対策 )

修正後に以下の内容がヘッダー情報に表示されていれば正常に対応ができています。

X-Robots-Tag:noindex, follow

Google Search Consoleにてページ検証

RSSフィードにnoindexヘッダーを追加 ( Google Search Console 対策 )

正常に判定されることを確認し、後は反映されるまで待ちます。

スクレイピングなどの対策として無効化も検討

SEOを考慮してRSSフィードを使う方も多いと思いますが、スクレイピングなどコンテンツ情報が取得しやすい状態となりますので対策をしたいという場合はRSSの無効化対応を行う場合があります。

RSSフィード内にWordPressバージョン、管理画面ログインIDの情報など含まれている場合があるのでご利用の際はRSSフィード内容を確認の上ご利用されることをおすすめ致します。

WordPress Developer Resources

関連機能

  1. WordPressページの右クリックと画像のコピー操作を禁止させる

  2. 別のWordPressの記事を取得し表示させるショートコード ( wpdbでの別データベース接続 )

  3. ローカル環境構築ツール「Local」でWordPress作業環境を構築 ( Windows,Mac対応 )

サイドバー

よく使うカスタマイズ

最近の記事

アニメの名言集

惚れた女にゃ
幸せになってほしいだけだ

銀魂
by 土方十四郎

Profile

PAGE TOP
Amazon プライム対象