ウィジェットエリアを追加して任意の位置で表示させる

概要説明

サイドエリアだけでなく記事詳細ページなどに自由にウィジェットを配置できるようにするためのウィジェットエリア追加カスタマイズ。

functions.php
/*----------------------------------------------------
 ウィジェットエリア追加
----------------------------------------------------*/
if ( !function_exists( 'remove_admin_menu_update' ) ){
    function add_widgets_init() {
      register_sidebar( array(
            'name'          => '追加したウィジェットエリア',
            'id'            => 'widget_free_area',
            'description'   => 'ウィジェットの用途など説明テキスト',
            'before_widget' => '<section id="%1$s" class="widget %2$s">',
            'after_widget'  => '</section>',
            'before_title'  => '<h2 class="widget-title">',
            'after_title'   => '</h2>',
      ) );
    }
    add_action( 'widgets_init', 'add_widgets_init' );
}

ウィジェットページに追加したエリアが表示されることを確認

ウィジェットエリアを追加して任意の位置で表示させる

旧来のウィジェット設定画面を表示させる

Classic Widgets ウィジェット表示がブロックエディター仕様の新ウィジェットの場合は Classic Widgets プラグインの導入をおすすめ致します。

テンプレート側での呼び出し

<!-- 任意の位置でウィジェットエリアを呼び出し -->
<div id="widget_free_area">
    <?php dynamic_sidebar( 'widget_free_area' ); ?>
</div>

ウィジェットでエリアを確保しておく

ウィジェットエリアをトップページや詳細ページに埋め込む作業をテンプレートで行っておけば後で内容を変更したいときにも管理画面から調整が行いやすくなります。

WordPress Developer Resources

関連機能

  1. WordPressページの右クリックと画像のコピー操作を禁止させる

  2. ファイル名表示機能風エリアを追加「Enlighter – Customizable Syntax Highlighter」プラグイン

  3. WordPress 記事タイトルが空の場合にアラートを表示させて保存処理を止める

サイドバー

よく使うカスタマイズ

最近の記事

アニメの名言集

ホントに大事なモンってのは
もってる奴よりもってねー奴の方が
しってるもんさ

銀魂
by 坂田銀時

Profile

PAGE TOP
Amazon プライム対象