WordPress wp-cron.phpを無効 定期処理の実行タイミングをページアクセス時からcronに変更してページ表示を高速化

概要説明

WordPressではwp-cron.phpを使って定期実行処理(バージョンアップの確認など)が行われています。WordPress標準の実行タイミングがページにアクセスした際に定期的に実行されており本来cronに設定されるべき処理なので実行タイミングを変更するカスタマイズ。

ページサクセスの際に毎回ではないのですがページ表示速度を行っていると早いときと遅い時があるといった現象を確認することができます。

Query Monitorプラグインにて実行時間を確認

WordPress wp-cron.phpを無効 定期処理の実行タイミングをページアクセス時からcronに変更してページ表示を高速化

Query Monitorを使って実行時間を確認すると上記のような感じでした。

ページアクセス時のwp-cron.php実行を無効化

wp-config.php
define('DISABLE_WP_CRON', true);

wp-config.phpに上記記述を追加するだけで無効化できます

レンタルサーバー側の管理画面からcron設定

curl https://サイトURL/wp-cron.php > /dev/null 2>&1

WordPress wp-cron.phpを無効 定期処理の実行タイミングをページアクセス時からcronに変更してページ表示を高速化

設定後は動作確認

Query Monitorにてwp-cron.phpが実行されていないか。cron設定は正常に動作しているかを設定後は確認しておきましょう。

ホームページの移転 引っ越しをする場合は要注意

サーバー側のcron設定にしている場合は、コンテンツ移転時にcron設定も同様に設定する必要があります。

関連機能

  1. WordPressの絵文字機能を無効にしてページ表示を高速化

  2. WordPressの自動更新処理を全停止させる

  3. WordPress 静的htmlをSimply Staticプラグインにて一括作成 & 静的htmlが存在すればキャッシュファイルとして使用する( .htaccessリダイレクト )

サイドバー

よく使うカスタマイズ

最近の記事

アニメの名言集

ここから始めましょう
イチから――いいえ、ゼロから!

Re:ゼロから始める異世界生活
by レム

Profile

PAGE TOP
Amazon プライム対象